Category Archives: OTC・一般用医薬品

一般用医薬品や医薬品販売制度に関する情報を紹介します。

第8回一般用医薬品のインターネット販売に関するルールの検討会

 10日、注目の一般用医薬品のインターネット販売等のルール作りを行う8回目の検討会が開催されています。(今後記事更新する場合があります。詳しい状況は、下記実況ツイートまとめと今後の報道でご確認下さい。) 続きを読む


第一類もテレビ電話を介せばネット販売が可能に?

 今朝の日経が報じています。(一面記事なのに、WEB版はログイン必要) 続きを読む


第7回一般用医薬品のインターネット販売に関するルールの検討会

 26日、注目の一般用医薬品のインターネット販売等のルール作りを行う7回目の検討会が開催されています。とりあえず資料をチェックしました。(今後記事更新する場合があります。詳しい状況は、今後の報道でご確認下さい。) 続きを読む


ジクロフェナクなどのリスク区分変更が告示

 4月26日付け官報で、ジクロフェナクナトリウム(外用剤)とチキジウム臭化物の第1類→第2類のリスク区分変更が官報で告示されました。(条文だとたぶん、適用はジクロフェナクは4月28日、チキジウムは6月30日より) インターネット版官報(http://kanpou.npb.go.jp/)(本紙6035号 9ページ)で閲覧できます。 続きを読む


総合感冒薬は主婦が食料雑貨のついでに購入している?

 業界紙で既に紹介されているかもしれませんが、日本OTC医薬品協会(http://www.jsmi.jp/)が発行する英字の News Letter で、OTC風邪薬の導入動向についての興味深いデータが紹介されています。 続きを読む


第6回一般用医薬品のインターネット販売に関するルールの検討会

 19日、注目の一般用医薬品のインターネット販売等のルール作りを行う6回目の検討会が開催されています。 続きを読む


OTC鎮痛薬の販売制限(デンマーク)

 TOPICS 2013.02.10 で、OTCアセトアミノフェンの販売制限で過量服用による中毒死や肝移植を減らしたことが示唆されたとするBMJの論文を紹介しましたが、デンマークではこの論文を受けて(?)、アセトアミノフェンやアスピリン、イブプロフェンなどが含まれる鎮痛薬の大包装品については、処方せん薬にすることを決めたそうです。 続きを読む


OTC薬の大量・頻回購入の対象はブロンだけではない

 TOPICS 2012.07.30 で、OTC薬の乱用や依存の実態について調べた厚生労働科学研究を紹介しましたが、10日、国立精神・神経医療研究センター・薬物依存研究部のサイト(http://www.ncnp.go.jp/nimh/yakubutsu/)に、この続報(2012年度の研究)が掲載されています。 続きを読む


エパデールOTC(エパデールT・エパアルテ)が発売開始

 大正製薬と日水製薬は15日、医療用医薬品エパデールS600のスイッチOTC薬のエパデールT(大正製薬)・エパアルテ(日水製薬)を新発売したと発表しています。 続きを読む


緊急避妊薬の販売年齢制限の撤廃を命じる(米国)

 さまざまな宗教観や価値観の違いから、時に政治問題にも発展する米国の緊急避妊薬の問題ですが、5日、ニューヨークの連邦判事が、これまで17歳未満は処方せんが必要とした米保健福祉省の措置(TOPICS 2011.12.08)を取り消す判断を示し、米国では大きな話題となっています。 続きを読む