論文・報告あれこれ 2020年6月

しばらくお休みにしていましたが、気が向いたときにときどき再開します。来月以降も継続できるかどうかはわかりません。これまでにツイートしているものが多いです。

他サイトではあまり紹介されていないものを中心に、ちょっと気になった論文や報告、発表などをピックアップしました。気になったものは独立記事に するかもしれません。誤りがあったらご指摘下さい。必ずしも最近アップされたものとは限りません。(特にJ-STAGE に掲載のものは、発行後一定期間 過ぎてから解禁となるものがあり、1年以上前に掲載された論文等を紹介する場合があります)

★更新することが多いので、2013年1月分よりスタイルとURLのタイプを変えました。サイドバーに各月記事へのリンク、右下に最終更新日を記してあります。

紹介日 論文・報告タイトル
(紹介記事・ブログ、関連論文)
概要・コメント
06.30 Prevalence of and Risk Factors for Adverse Events in Alzheimer’s Patients Receiving Anti-Dementia Drugs in At-Home Care
(PLoS One. 2020 Apr 6)
在宅業務を行っている薬剤師に調査
1673の薬局の3712人の患者についてデータを解析
06.30 Cross-sectional Study of Patient Satisfaction With Oral Analgesics in Patients With Chronic Pain in Japan
Expert Opin Pharmacother.2020 Apr 6)
日本調剤の患者を対象に行われた、経口疼痛治療薬に対する患者の満足度に関する観察研究

06.30 Budget Impact Analysis Reveals Walk-In Fingertip HbA1c Testing in Community Pharmacies Could Provide a Significant Long-Term Reduction in Public Expenditure
Res Social Adm Pharm. 2020 Mar 28)
足立区での取り組みの経済効果をまとめたものらしい(フルテキストで確認したい)

06.30 Stocks of Paracetamol Products Stored in Urban New Zealand Households: A Cross-Sectional Study
PLoS One. 2020 Jun 1)
興味深い研究
2都市201世帯に入手方法も含めて訪問調査
こういう調査研究は日本ではできないだろうな
06.30 Use and Intentional Avoidance of Prescribed Medications in Pregnancy: A Cross-Sectional, Web-Based Study Among 926 Women in Italy
Int J Environ Res Public Health. 2020 May 28)
06.30 Patterns of Prescription Medicine Dispensing Before and During Pregnancy in New Zealand, 2005-2015
PLoS One. 2020 Jun 2)
06.30 Self-reported Clinical Pharmacy Service Provision in Austria: An Analysis of Both the Community and Hospital Pharmacy Sector-A National Study
Int J Clin Pharm. 2020 Jun 3)
06.30 Rapid Increase in Heated Tobacco Product (HTP) Use From 2015 to 2019: From the Japan ‘Society and New Tobacco’ Internet Survey (JASTIS)
Tob Control. 2020 Jun 5)
 HTP(加熱タバコ製品)使用の有病率は、男性及び、20代と30代で高い傾向にあった
06.30 Soy Consumption and Incidence of Gestational Diabetes Mellitus: The Japan Environment and Children’s Study
Eur J Nutr. 2020 Jun 6.)
味噌汁や納豆の積極摂取が妊娠糖尿病(GDM)の予防につながるかもしれない
06.30 Associations Between Exposure to Tobacco Smoke and Behavioral Problems in Preschool Japanese Children
J Environ Public Health. 2020 May 14)
愛知県の2つの幼稚園で調査幼児期のタバコの煙への曝露は、小児の行動問題の発症に関与している可能性がある。
06.30 Impact of Swimming School Attendance in 3-year-old Children With Wheeze and Rhinitis at Age 5 Years: A Prospective Birth Cohort Study in Tokyo
PLoS One 2020 Jun 9)
幼児のスイミングは、喘息や鼻炎の予防や治療に期待できないらしい
06.30 Impact of Sitagliptin Combination Therapy and Hypoglycemia in Japanese Patients With Type 2 Diabetes: A Multi-Center Retrospective Observational Cohort Study
J Pharm Health Care Sci. 2020 Jun 4)
順天堂大の研究。SU剤またはβ遮断薬との併用は、2型糖尿病患者の血糖低下リスクを増加させる可能性がある
06.30 The Association Between Concurrence of Infection and the Onset of Severe Eruption or Liver Injury in Patients Using Antipyretic Analgesics: A Matched, Nested Case-Control Study
J Clin Pharmacol 2020 Jun 10)
感染症と解熱鎮痛薬の併用とSJS/TENまたは肝障害の発症との間に有意な関連が認められた
06.30 病院における薬剤師の働き方の実態を踏まえた生産性の向上と薬剤師業務のあり方に関する研究
(H30厚生労働科学研究)
病院薬剤師の勤務状況や業務実態の調査を通して、現状を分析し、今後の病床機能別における薬剤業務のあるべき姿や地域包括ケアとの効果的な連携について、さらに病院薬剤師の地域偏在の実態についても明らかにすることを目的に行われた
06.30 かかりつけ薬剤師の専門性の検討とそのアウトカムの調査
(H30厚生労働科学研究)
 分担研究

  • かかりつけ薬剤師の専門性の検討とそのアウトカムの調査
  • 長期処方の分割調剤(生活習慣病治療・乳がん治療など)の調査
  • 患者の服薬状況の問題把握とその解決方法に 向けた取り組みなど
06.30 かかりつけ薬剤師の専門性の検討とそのアウトカムの調査
(H29厚生労働科学研究)
分担研究

  • がん化学療法を受けている患者の長期処方の分割調剤に関する意識調査
  • 長期処方の分割調剤(生活習慣病治療・乳がん治療など)の調査
  • 患者の服薬状況の問題解決を目的とした根拠に基づく処方提案等の実施に向けた取り組みに関する研究
  • かかりつけ薬剤師の多剤処方への介入に関する研究
06.30 地域包括ケアシステムにおける薬剤師の在宅業務の在り方に関する調査研究事業
(令和元年度老人保健事業推進費等補助金 老人保健事業推進費等事業2020.3)
在宅療養患者や高齢者に対しての、薬剤師による在宅業務の実施状況や、詳細な業務内容、実施における課題等についてその実態を把握し、薬剤師がより積極的に地域包括ケアシステムに関わり在宅医療の推進を図るために具備すべき要件及び必要な支援を整理。ヒアリング調査として、6薬局、2病院の好取組事例の紹介がある。
06.30 居宅療養管理指導サービス利用者の実態把握のための調査研究事業報告書
(令和元年度老人保健事業推進費等補助金 老人保健事業推進費等事業2020.3)
居宅療養管理指導のサービス提供の実態、利用者の特性や住まい等の利用環境、職種間の連携状況等について、医師・管理栄養士・薬剤師・歯科医師・歯科衛生士の各専門職種へのアンケートによって調査
06.30 東京50↑(フィフティ・アップ)BOOK
(東京都福祉保健局 2020.3)

都内の薬局にまとめて送られている、東京都福祉保健局が作成したシニア向けのガイドブック。地域とのつながりが少ない、単身世帯が多いなどの現状から、20年後くらいの医療や福祉の危機感が見て取れる。ここに地域薬局も入らないといけないけど。でもこれをどうやって声かけてして配っているだろう?
06.29 Clinical Practice and Teaching of Pharmaceutical Care Procedures for Obstetric Diseases
(Eur J Hosp Pharm. 2020 May 31)
中国における産科領域の臨床薬剤師の業務を紹介したもの
06.29 Assessing the Travel Health Knowledge of Australian Pharmacists
(Pharmacy. 2020 May 3)
オーストラリアの薬剤師の旅行健康(Travel Health)に関する知識を調査したもの
06.29 Continuous Stakeholder Engagement: Expanding the Role of Pharmacists in Prevention of Type 2 Diabetes Through the National Diabetes Prevention Program
(Prev Chronic Dis. 2020 Jun 4)
06.29 EUPRON: Nurses’ Practice in Interprofessional Pharmaceutical Care in Europe. A Cross-Sectional Survey in 17 Countries
(BMJ Open 2020 Jun 3)
欧州で行われている看護師によるPharmaceutical Care について、薬剤師、医師、看護師それぞれに調査を実施したもの
06.29 2019 National Pharmacist Workforce Study
(American Association of Colleges of Pharmacy 2020.04.15)

2014年以来、5年ぶりに行われた、全米薬剤師労働力調査アメリカの現場で働いてる薬剤師のうち50%が地域薬局勤務、28%が病院等、6%が外来クリニック勤務。 地域薬局勤務は5年前に比べて減少傾向、外来クリニック勤務が増加傾向(@Yoko_Gocho さんのツイート引用)
06.03 A Service Evaluation and Stakeholder Perspectives of an Innovative Digital Minor Illness Referral Service From NHS 111 to Community Pharmacy
(PLoS ONE. 2020 Mar 19)
2017年12月に行われた Digital Minor Illness Service (DMIRS) の試行事業の成果をまとめたもの
06.03 Pharmacist Integration Into General Practice in New Zealand
J Prim Health Care. 2019 Jul 18)
GPに勤務する薬剤師へのオンラインアンケートの結果
06.03 Exploring the Factors Influencing the Quality of “Health Support Pharmacy” Services in Japan: Perspectives of Community Pharmacists
Res Social Adm Pharm
. 2020 Feb 21)
健康サポート薬局に関する研究。全国24人の地域薬剤師に、オンラインでのインタビューを行った
06.03 Impact of a Pilot NHS-funded Sore Throat Test and Treat Service in Community Pharmacies on Provision and Quality of Patient Care
(BMJ Open Qual 2020 Feb 28)
ウェールズの地域薬局で行われた試行事業の報告、
06.02 本邦の新設およびコンビニ併設保険薬局におけるタバコ販売の実態調査
(日本公衆衛生雑誌 67(5) p327-333,2020)
全国で2018年に新規指定の保険薬局1,766軒のうち、124軒(7.0%)がタバコ販売許可を受けていた。地方別では関東、東北地方が多かった。また、全国におけるコンビニエンスストア併設保険薬局の検討では、都市部を中心に併設薬局は42軒あり、そのうち東京都の8軒を除く34軒(81%)で、タバコ販売が行われていた。大阪、石川の2市で行った巡視調査では、周辺と遮蔽されていない屋外喫煙スペースがある薬局もあった。
06.02 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討
(栄養学雑誌 78(2) p57-65,2020)
都内にある私立中高一貫校で行われた調査結果。初経発来していない者に比べ初経発来している者の鉄欠乏になるリスクのオッズ比は9.44と高かった。鉄欠乏を予防するためには、体外への鉄損失量を食事で補うことが必要であり、鉄欠乏のリスクは、昼食に肉や魚を食べる者において低いことが示唆された。
06.02 後発医薬品への変更不可に関する薬局実態調査
(レギュラトリーサイエンス学会誌 9(3)141-150,2019)
日本保険薬局協会の会員薬局2,667薬局で実施。各薬局における変更不可処方せんの割合の平均値は10.22%だが5%以下の薬局が46.38%で、ばらつきは大きい。
06.02 スイッチOTC医薬品の添付文書理解度調査に関するパイロットスタディ
(レギュラトリーサイエンス学会誌 9(3)165-174,2019)
ガイダンス案にもとづいてパイロットスタディの位置づけで実施された有効成分が実在しない医薬品について、添付文書記載要領にもとづき、模擬添付文書を作成し、理解度調査をインタビュー方式で実施
06.02 地域医療連携の手引き(Ver.1)
(日本病院薬剤師会 2020.4.20)

外来あるいは入退院に際して、保険医療機関の薬剤師が、薬局 薬剤師や他施設の医療従事者との情報共有を図ることを主な目的として作成関連記事→薬事日報 2020.06.02
06.02 抱き合わせ販売と言われかねない「配合剤」の開発と後発医薬品へのアクセス機会の阻害可能性に関する質問主意書
(参議院 2020.03.23 提出)
川田龍平議員の質問。もっともな論点だが、答弁は相変わらずいつものパターン。
06.02 Association of Pharmacist Prescription With Dispensed Duration of Hormonal Contraception
JAMA Netw Open 2020 May 20)
米4州の女性410人を対象に行われたコホート研究。薬剤師がホルモン避妊薬を処方した方が医師と比較して避妊継続期間が長いとした。関連記事→Romper 2020.05.24
06.02 Oral fluconazole use in the first trimester and risk of congenital malformations: population based cohort study
BMJ 2020 May 20)
第一三半期における経口フルコナゾールの使用は、口唇裂や結節奇形とは関連性は認められなかったが、筋骨格奇形との関連性が認められた
06.02 Community Pharmacy Teams’ Experiences of General Practice-Based Pharmacists: An Exploratory Qualitative Study
BMC Health Serv Res. 2020 May 18)
ウェストロンドンの8箇所のGPから半径2マイル以内にある薬局のスタッフ48名に、4項目をテーマにインタビューしたものをまとめたもの
06.02 ポスト新型コロナウイルス感染拡大防止措置後の オンライン診療に関する特例設置について
(2020.05.19 養父市)
第44回国家戦略特別区域諮問会議での配布資料。「インフルエンザ等感染症 ・対面同等の診療報酬の適用」とか提案しているけど、検査をしないのだから、オセルタミビルとかを処方するだけなら、スイッチした方がいいんじゃないと思ったりする。
 06.02 不足する病院薬剤師の確保~
北海道の薬剤師配備の現状から見た課題と解決方法の共有
(日本農村医学会雑誌 68(6)705-712,2020.3)
病院薬剤師不足解消に向けて、今後病院側の取り組むべき方策は、積極的な薬学生へのアプローチと調剤薬局へのアプローチを同時に進めることだと考えるとした。
 06.02 Pestle and Mortal: The Demise of Community Pharmacy in the UK
Int J Pharm Pract.2020 May 19)
community pharmacy に関連する研究やエビデンスが不足。しっかりとしたエビデンスがなければ、政策や戦略は弱体化とする Editorial。英国ですら、エビデンスを示すことは容易ではないことを伺わせる。
06.02  インスリン製剤早見表2020-2021
(糖尿病リソースガイド)
インスリン製剤の他、内服のDPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬についても一覧表になっています。・サイトのリリース記事(2020.05.29)

 


最終更新日:2020年6月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>