論文・報告あれこれ 2017年11月

 しばらくお休みにしていましたが、ちょっとメモとして再開してみました。来月以降も継続できるかどうかはわかりません。紹介日は基本的にツイートした日です。

 他サイトではあまり紹介されていないものを中心に、ちょっと気になった論文や報告、発表などをピックアップしました。気になったものは独立記事に するかもしれません。誤りがあったらご指摘下さい。必ずしも最近アップされたものとは限りません。(特にJ-STAGE に掲載のものは、発行後一定期間 過ぎてから解禁となるものがあり、1年以上前に掲載された論文等を紹介する場合があります)

 ★更新することが多いので、2013年1月分よりスタイルとURLのタイプを変えました。サイドバーに各月記事へのリンク、右下に最終更新日を記してあります。

紹介日 論文・報告タイトル
(紹介記事・ブログ、関連論文)
概要・コメント
 11.13 第21回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告
(中医協 2017.11)

ネット上では羨望の声も
11.09 Do benzodiazepines still deserve a major role in the treatment of psychiatric disorders? A critical reappraisal.
Eur Psychiatry. 2013 Jan;28(1):7-20.)
少し前のレビューですがまとまっています
11.09 Z-drugs and risk for falls and fractures in older adults-a systematic review and meta-analysis.
Age Ageing. 2017 Oct 25)
  • 骨折OR:1.63(1.42-1.87)
  • 転倒OR:2.40(0.92-6.27)
  • ゾルビデム暴露後の怪我 OR:2.05(1.95-2.15)
 11.09 在宅医療・介護連携推進事業の手引き Ver.2
(厚生労働省 老健局老人保健課 2017.10)

11.09 Patient and public perspectives of community pharmacies in the United Kingdom: A systematic review.
Health Expect 2017 Nov 8)
 さまざまな取り組みのエビデンスが紹介されている
11.09 Job Loss After Diagnosis of Early-Onset Dementia: A Matched Cohort Study
J Alzheimers Dis 2017 Nov 7)

国内研究。若年性認知症患者の可能性は、ハザード比2.26
11.09 Switching from low dose thiazide diuretics to SGLT2 inhibitor improves various metabolic parameters without affecting blood pressure in subjects with type 2 diabetes and hypertension.
J Diabetes Investig 2017 Nov 7)
11.09 Association between alcohol consumption and incidence of impaired insulin secretion and insulin resistance in Japanese: the Saku study.
Diabetes Res Clin Pract 2017 Oct 28)
アルコール摂取は、インスリン分泌障害およびインスリン抵抗性の発生率と正の相関があった。
11.09 Antidepressants and suicidal behaviour in late life: a prospective population-based study of use patterns in new users aged 75 and above
(Eur J Clin Pharmacol 2017 Nov 4)
抗うつ薬の切り替え時や、抗不安薬や催眠薬の併用者には留意が必要
11.09 Risk of Psoriasis Following Terbinafine or Itraconazole Treatment for Onychomycosis: A Population-Based Case-Control Comparative Study 
Drug Safety 2017 Nov 6)
台湾の研究
11.09 Proton pump inhibitors are associated with accelerated development of cirrhosis, hepatic decompensation and hepatocellular carcinoma in noncirrhotic patients with chronic hepatitis C infection: results from ERCHIVES
Aliment Pharmacol Ther 2017 Nov 3)
慢性C型肝炎のPPIの使用は用量依存で肝不全や肝細胞癌のリスク増の可能性が示唆された。
11.08 地域包括ケアシステムにおける訪問看護、訪問リハビリテーション等の医療系訪問サービスの在り方等に関する調査研究事業 報告書

平成28年度厚生労働省老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業)の交付を得て実施した調査研究事業報告書の一つとして行われた→リンク(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
11.07 Development of a clinical pharmacy model within an Australian home nursing service using co-creation and participatory action research: the Visiting Pharmacist (ViP) study
BMJ Open 2017 Nov 3)
豪州の在宅業務の試行研究。薬剤師と看護師との患者宅への共同訪問がカギとなる様子
11.04 Betahistine decreases olanzapine-induced weight gain and somnolence in humans.
J Psychopharmacol. 2016 Mar;30(3):237-41.)
フォロワーさんからの紹介。ベタヒスチンをオランザピンの同時投与すると、体重増加と傾眠傾向を改善するかもしれない。
11.03 Comprehensive Guidance for Antibiotic Dosing in Obese Adults
Pharmacotherapy 2017 Oct 31)
34の抗菌剤について検討。23の抗菌剤については肥満者に対するガイダンスが必要とした
11.03 Sociodemographic patterns in pharmacy dispensing of medications for erectile dysfunction in Sweden
Eur J Clin Phar 2017 Nov 3)
スウェーデンのコホート。ED治療薬の処方は、既婚男性と比べm経済的地位が高い、離婚者、配偶者との死別男性の方が多い傾向にあった。
11.02 あなたの健康をサポート かかりつけ薬剤師・薬局のススメ
(政府インターネットテレビ2017.11.02)
11.01 特集】薬剤耐性(AMR)対策
(医療の質 ・ 安全学会誌 12(3) P291-351,2017)
11.01 Black Licorice: Trick or Treat?
(米FDA Consumer Updates 2017.10.30)

消費者にカンゾウ含有のキャンディを摂り過ぎないよう注意喚起。だったら、日本で芍薬甘草湯を常用している人はどうなの?

 


最終更新日:2017年11月13日