論文・報告あれこれ 2015年4月を掲載しました
論文・報告あれこれ 2015年3月を掲載しました

一般用医薬品の地域医療における役割と国際動向に関する研究

 エパデールのスイッチ問題などにより、医療用医薬品の一般用医薬品への転用(スイッチ承認)については現在、萎縮・停滞しているともいえる状況ですが、こういった現状を改めるべく、今後のスイッチの仕組みを改善することの提言をまとめた報告書が公表されています。 続きを読む


厚労省の「かかりつけ薬局」推進の本気度は疑わしい?

 既にご存じかと思いますが、21~22日の各紙は、厚労省が、規制改革会議のWGで、「かかりつけ薬局」の普及を促すとした方針を示したことを大きく伝えています。 続きを読む


海外公的機関 医薬品安全性情報Vol.13 No.10

 国立医薬品食品衛生研究所・安全情報部(http://www.nihs.go.jp/dig/jindex.html)は4月23日、医薬品安全性情報(海外公的機関 医薬品安全性情報)Vol.13 No.10を公表しています。 続きを読む


海外公的機関 医薬品安全性情報Vol.13 No.9

 国立医薬品食品衛生研究所・安全情報部(http://www.nihs.go.jp/dig/jindex.html)は5月7日、医薬品安全性情報(海外公的機関 医薬品安全性情報)Vol.13 No.9を公表しています。 続きを読む


WHO必須医薬品モデルリストの最新版(20th)が公表

 WHOは8日、必須医薬品モデルリスト(WHO Model List of Essential Medicines)の最新版を公表しています。 続きを読む


海外公的機関 医薬品安全性情報Vol.13 No.8

 国立医薬品食品衛生研究所・安全情報部(http://www.nihs.go.jp/dig/jindex.html)は4月23日、医薬品安全性情報(海外公的機関 医薬品安全性情報)Vol.13 No.8を公表しています。 続きを読む


保健医療2035

 すでにご存知かと思いますが、厚労省では、20年後の2035年を見据えた保健医療政策のビジョンを明らかにし、短期・中長期の政策課題に着手するための有識者による懇談会の“保険医療2035”を設置し、議論を開始しています。 続きを読む


海外公的機関 医薬品安全性情報Vol.13 No.7

 国立医薬品食品衛生研究所・安全情報部(http://www.nihs.go.jp/dig/jindex.html)は4月9日、医薬品安全性情報(海外公的機関 医薬品安全性情報)Vol.13 No.7を公表しています。 続きを読む


高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015(案)と関連情報

 既に各紙の報道でご存知だと思いますが、日本老年医学会は1日、2005年に作成された「高齢者に対して特に慎重な投与を要する薬物のリスト」の改称・改訂版となる「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」の案を公表し、4月24日まで広く一般から意見を求めると発表しています。 続きを読む


海外公的機関 医薬品安全性情報Vol.13 No.6

 国立医薬品食品衛生研究所・安全情報部(http://www.nihs.go.jp/dig/jindex.html)は3月25日、医薬品安全性情報(海外公的機関 医薬品安全性情報)Vol.13 No.6を公表しています。 続きを読む