• Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

Monthly Archives: 6月 2008

血圧管理にはITの活用と薬剤師のサポートが有用(米国研究)

 ワシントン大学の研究チームはこのほど、通院して医師の診察を受けなくても、インターネットを活用したり、薬剤師がサポートを行うことで血圧の管理が可能とする研究結果をまとめ、JAMAの最新号に掲載されました。 続きを読む


重篤副作用疾患別対応マニュアルの正式版が追加

 25日、新たに1件の「重篤副作用疾患別対応マニュアル」が追加公表されました。 続きを読む


食生活改善指導担当者テキスト

 4月から始まった特定健診・保健指導(いわゆるメタボ検診)については、食生活や運動を指導する者(特定保健指導の実施者)として、薬剤師も含まれるようになりましたが、この指導担当者となるには、食生活改善指導担当者で30時間、運動指導担当者では147時間の研修を受講し、「専門的知識及び技術を有すると認められる」ことが必要です。     続きを読む


WADA、バイアグラを禁止リストに加えることを検討

 ここ数日の海外各紙は、世界アンチドーピング機構(WADA:The World Anti-Doping Agency)が、バイアグラ(シルデナフィル)などの性機能改善薬を、WADAの禁止リストに加えることを検討していると伝えています。   続きを読む


一般用漢方処方、効能・効果など38年ぶりに見直しへ

 厚労省は23日、一般用漢方製剤210処方について、適応証の追加や効能効果の表現を分かりやすくした改正案をまとめ、この案についての意見募集を開始しました。 続きを読む


認知症患者に抗精神病薬は使用すべきではない

 英国保健省は19日、認知症(dementia)患者に抗精神病薬を使用しないことを求めるなどが盛り込まれた、Transforming the Quality of Dementia Careと題する認知症対策案を発表し、一般からの意見募集を開始しました。 続きを読む


ニコレットパッチも7月1日発売

 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社コンシューマー カンパニーと武田薬品工業株式会社は19日、OTC禁煙補助剤「ニコレットシリーズ」より、貼るタイプの「ニコレットパッチ」を、7月1日から発売を開始すると発表しました。製造・マーケティング活動はジョンソン・エンド・ジョンソン社が、販売および小売店へのプロモーション広告を武田薬品が担います。 続きを読む


神奈川県の公共的施設禁煙条例に賛否分かれる

 4月16日のTOPICSで、神奈川県が受動喫煙の防止に向け公共の場での喫煙を全面的に禁じる「公共的施設における禁煙条例(仮称)」について紹介しましたが、この条例の基本的考え方に関するパブリックコメントの結果の概要が12日、神奈川県より発表されています。 続きを読む


シガノンCQが7月1日発売

 大正製薬株式会社とグラクソ・スミスクライン株式会社は16日、OTCニコチンパッチの「シガノンCQ」を、7月1日から発売を開始すると発表しました。製造販売をGSKが担い、発売元は大正製薬が担います。 続きを読む


海外公的機関 医薬品安全性情報 Vol.6 No.12

国立医薬品食品衛生研究所・安全情報部(http://www.nihs.go.jp/dig/jindex.html)は、6月16日、医薬品安全性情報(海外公的機関 医薬品安全性情報)Vol.6 No.12を公表しました。 続きを読む