医薬品の安全な入手や薬局・薬剤師のあり方は?(医薬品医療機器制度部会7/5)

 7月5日、「薬局・薬剤師のあり方・医薬品の安全な入手」に関する現状と課題についてをテーマに、医薬品医療機器制度部会が開催されます。

厚生科学審議会 平成30年度第4回医薬品医療機器制度部会
(厚労省 2018.07.05開催)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00029.html

厚生科学審議会 (医薬品医療機器制度部会)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei_430263.html

 今回は下記の内容で議論が行われます

1.テーマ、「薬局・薬剤師のあり方・医薬品の安全な入手」の現状と課題について
Ⅰ.薬局・薬剤師のあり方
(1)医薬分業とかかりつけ薬剤師・薬局について
(2)薬局・薬剤師に関する課題と論点(案)について
① 薬剤師による情報提供及び薬学的知見に基づく指導の強化
② 薬剤師の対人業務を推進するための方策
③ 地域における医薬品提供体制を確保するための薬局の体制整備
④ 薬局の組織ガバナンスの確保
(3)論点(案)のまとめ

Ⅱ. 医薬品等の安全な入手(個人輸入に関わる課題)

 余裕がないので今回ツイートまとめで記事とさせて頂きます。


2018年07月04日 23:00 投稿

コメントが1つあります

  1. アポネット 小嶋

    各紙が報じています(一部ログイン必要)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>