HOME最近の話題次回の研究会研究会の歩み役立ち情報keywords意見交換リンク

2009年10月30日(金)

妊婦と乳幼児のためのガイドブック(英国)

投稿者: アポネット 小嶋

 英国保健省は29日、妊婦と乳幼児のためのガイドブックの改訂版を発行したと発表しています。何気なく見ていたのですが、妊娠中に体調を崩した時にどのような薬を使ったらよいかなど、結構私たちにも役に立ちそうな内容も含まれていました。

Popular pregnancy and parent guides updated
 (英国保健省 2009.10.29)
 http://www.dh.gov.uk/en/News/Recentstories/DH_107698

 妊娠から出産までの過ごし方をまとめたガイドブック“The Pregnancy Book 2009”では、妊娠中に体調を崩した時の対応や食生活などの内容が含まれています。

The Pregnancy Book 2009(英国保健省 2009.10.29)
http://www.dh.gov.uk/en/Publicationsandstatistics/
Publications/PublicationsPolicyAndGuidance/DH_107302
 

 ガイドブック全文→リンク[11874KB]

 目を引いたのは、P.24からの“YOUR HEALTH IN PREGNANCY”の章で、食生活の送り方、カフェインの摂取制限の他、禁煙したい人は薬局でアドバイスが受けられること、体調を崩したときの対応法が書かれています。

 P.32には、痛み止めとしてはアセトアミノフェンを、コデインやロペラミドは使わないように書かれています。

 一方、乳幼児の子どもを持つ親向けには、乳幼児期の育児、親としての心構え、社会的サポートなどをまとめたガイドブックを作成しています。

Birth to Five (2009 edition)(英国保健省 2009.10.29)
http://www.dh.gov.uk/en/Publicationsandstatistics/
Publications/PublicationsPolicyAndGuidance/DH_107303

 ガイドブック全文→リンク[10251KB]

 こちらの方もP.114から病気になったときの対応法が記されています。

 これらのガイドブックは、妊婦と親たちに、助産師や保健師(?)を通じて無料で配布されるもので、10年以上前から作られているそうです。

 雑誌・本・インターネットでさまざまな情報が氾濫している今日ですが、それぞれが違ったことをいう場合があるので、どれが正しいかどうかを迷うことが少なくないと思います。NHSでは、こういった社会背景を考慮して、最新のデータを盛り込みながら発行しているようです。

 いずれのガイドブックも写真や図・表がふんだんに盛り込まれており、英語が苦手な私もつい見入ってしまいました。

関連情報:TOPICS 2008.11.03 妊婦と嗜好品

10月30日 10:20更新

Topに戻る  

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

現在、この記事へのコメントは頂いておりません。

Copyright(C) Ryomo Apotheker Network, All rights reserved, since 2004