HOME最近の話題次回の研究会研究会の歩み役立ち情報keywords意見交換リンク

Archive for 7月, 2009

         
2009年7月31日

子どもへのタミフル予防投与と有害事象の発現(英国報告)

 新型インフルエンザの学校での集団感染対策は各国で課題になっていますが,Eurosurveillance の最新号に,感染児童(生徒)が確認されたことにより英国内の小・中学校で実施されたタミフルの予防投与において,発現した有害事象の状況が報告されています。 (続きを読む…)

         
2009年7月30日

プソイドエフェドリンのさらなる販売規制は行わず(英国)

 日本でもOTC鼻炎薬の成分として広く配合されているプソイドエフェドリン(PSE),またエフェドリン(EPH)はメタンフェタミンの密造の温床になるとして各国で厳しい規制が行われていることは,本サイトでも度々紹介していますが,英国医薬品庁(MHRA)は29日,これら成分が含まれるOTCの販売状況をまとめた『PUBLIC ASSESSMENT REPORT』を公表し,さらなる販売規制は行わないと発表しました。 (続きを読む…)

         
2009年7月30日

第3回内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会

 29日、第3回内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会が開催され、資料(スライド)がいち早く掲載されています。 (続きを読む…)

         
2009年7月29日

高齢糖尿病患者への抗精神病薬の投与は留意が必要(カナダ研究)

 一部の非定型抗精神病薬による高血糖の副作用はよく知られているところですが,高齢の糖尿病患者を対象とした研究で,定型抗精神病薬でも高血糖が起こりうるとした報告が行われています。 (続きを読む…)

         
2009年7月27日

ケナログが第一類医薬品として発売へ

 新薬事法施行で店頭から姿を消した『ケナログ口腔用軟膏0.1%』ですが,ブリストル・マイヤーズ社は27日から第一類医薬品としてリニューアル販売すると発表しています。 (続きを読む…)

         
2009年7月24日

海外公的機関 医薬品安全性情報Vol.7 No.15

 国立医薬品食品衛生研究所・安全情報部(http://www.nihs.go.jp/dig/jindex.html)は,7月23日,医薬品安全性情報(海外公的機関 医薬品安全性情報)Vol.7 No.15を公表しました。 (続きを読む…)

         
2009年7月23日

電子たばこには有害物質が含まれる(米FDA)

 22日,米FDAは電子たばこに関する調査結果(2つのブランドを対象)を発表し,一部製品から有害物質のジエチレングリコールや発がん物質のニトロソアミンが検出されたことを明らかにしています。 (続きを読む…)

         
2009年7月18日

ニンテンドーDSを活用した自己血糖測定器“DIDGET”

 既にご存じの方もいるかもしれませんが、英国ではニンテンドーDSを活用した自己血糖測定器“DIDGET”が、この8月にもバイエル社から発売されるそうです。 (続きを読む…)

         
2009年7月17日

FRAX、ビスホスホネートと顎骨壊死

 地元では医師会の計らいで医師向けの勉強会に時々参加させてもらっているのですが、16日は骨粗鬆症と顎骨壊死をテーマとした講演会が行われました。忘れないよう、メモ代わりに興味ある話をいくつかまとめした。 (続きを読む…)

         
2009年7月15日

第3回ジェネリック医薬品品質情報検討会

 一昨年10月にまとめられた「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」において、品質確保のための国による取組みとして、「ジェネリック医薬品品質情報検討会」が設置されていますが、7月2日に第3回の検討会が非公開で開催され、このほど議事概要が公開されています。 (続きを読む…)

Copyright(C) Ryomo Apotheker Network, All rights reserved, since 2004