あしかが子育て応援ガイド2008


WWW を検索 応援ガイド2008 内を検索

TOPページ>学童・思春期編>医療機関・相談室(所)

医療機関・相談室(所)

開倫研究所

代表者:林 明夫
連絡先:足利市堀込町145 0284-72-5945 Fax0284-73-1520
     http://www.kairin.co.jp/kir
活動内容

家庭教育・学校教育・社会教育の架け橋として子どもの未来と文化を創造することを目的とし、更に、地域文化の向上と地域経済の活性化のための基礎研究も行い、地域社会に貢献する生涯学習に関する研究所です。

主な活動
  • 規範教育としての15の躾教育
  • 教育相談室
  • 社員との窓口としての開倫相談室
  • 機関誌かいりんの発行
  • 教育関係のアンケート調査実施・分析
  • NIE(Newspaper in Education)運動の推進
  • 生活訓練型体験学習の実施
  • NGO・NPOの支援、教育関係団体への寄付、講演
教育相談室

●設立目的

今、思春期の子どもたち、とりわけ「よい子」たちが厳しい現実にぶつかっています。一見楽しく、何の悩みがないように見えながら、内心では苦しんでいる子どもたちが数多くいます。小・中学生の不登校生徒も依然として増え続けています。

開倫研究所の教育相談のほぼ9割が不登校がらみの内容です。不登校になった場合、一番苦しんでいるのが本人とその家族です。特に、母親はその対応に悩んでおられる方が多くみられます。教育相談に来られた保護者・塾生たちとじっくり話し合う中で、その見通しを見つけようと努力しています。

相談事例の中には、再び元気に登校できるようになったケースや、学校には登校できないが、開倫塾の学習には出席し、講師の先生方の熱心な指導で、目指す高校に合格したケース等、成果が上がっています。

今後とも、相談者の立場に立ち、誠実に、そして粘り強く関わっていくつもりです。一人で思い悩まず、困った時には気軽にご相談下さい。

●相談内容

学業・部活動・いじめ・友人関係・不登校・教師への不満・性格・心身の健康・子供の対応法など・その他

●相談したい時は

まず電話で、開倫塾本部・教育相談室、又は各校舎へご相談下さい。場所や時間などをご案内いたします。(フリーダイアル 0120-066555)

お友達、家族とご一緒に来室されても結構です。

●相談日時

木曜日・午前10時〜午後7時(相談時間は原則として2時間です)

★他の曜日を希望する場合も、なるべくご希望に沿うようにしておりますので、お気軽にご相談下さい。

●相談場所

開倫塾本部校

●担当

教育相談室室長 岡田忠治
 (元・中学校教諭 心の教育相談員経験者)

top↑

医療機関・相談室(所)

予防接種・医療

心身障害者(児)のために・・・

乳幼児期編リンク

妊娠したら・・・
産まれたら・・・
短期間、短時間、預けたいとき…
親子が集う場
気軽に育児相談
入園を迎えたら・・・
小学校入学を前に
経済的支援
母子・父子家庭の幸せのために・・・
心身障害者(児)のために・・・
お子さんの発達を心配しているお母さんへ
予防接種・医療
電話による各種相談
行政機関相談窓口
知る・学ぶ(学童・思春期編)

top↑

学童・思春期編リンク

学校生活で知っておきたいこと
休日等の活動の場
経済的支援
母子・父子家庭の幸せのために・・・
心身障害者(児)のために・・・
お子さんの発達を心配しているお母さんへ
予防接種・医療
医療機関・相談室(所)
足利市内の活動・相談団体
足利市以外の活動・相談団体
電話による各種相談
行政機関相談窓口
知る・学ぶ

top↑

Copyright(c)2004-2008, ASHIKAGA KOSODATE OUEN NET, All rights reserved